不動産と税金のはなし ~住宅ローン減税とすまい給付金~

住宅ローン減税制度は、住宅ローンで住宅を購入する場合に、住宅取得者の金利

負担の軽減を目的に創設された制度です。

毎年末の住宅ローン残高と住宅の取得対価のうちいずれか少ないほうの金額の

1%が所得税の額から控除されます。

また、消費税が10%に増税されたことに伴って当初の控除期間は10年間

だったものが3年延長されて13年間に拡充されました。

住宅ローン減税制度利用のポイント

1、自ら居住すること

2、床面積が50㎡以上であること

3、中古住宅、増築・リフォームの場合は要件を満たしたものであること

4、借入期間、年収も要件あり

以上のようなポイントがあります。制度利用の際には事前に確認が必要ですね。

制度が利用できる中古住宅とは

①築年数が一定数以内であること

耐火建築物の場合…25年伊寧に建築されたものであること

木造などの耐火建築物以下の場合…20年以内に建築されたものであること

②以下のいずれかの耐震基準に適合した建物であること

・耐震基準適合証明書

・既存住宅性能評価書(耐震等級1以上)

・既存住宅売買瑕疵保険に加入している

中古住宅の場合、以上のような条件があります。

その他の主な要件

・借入期間が10年以上であること

・合計所得金額が3,000万円以下であること

・増改築の場合、工事金額が100万円以上であること

すまい給付金のポイント

すまい給付金は消費税率の引き上げに伴って住宅取得者の負担をある程度緩和

することを目的に創設された制度です。

住宅ローン減税制度は支払っている所得税から控除する仕組みのため所得の

低い世帯に対する効果は限られたものでした.

そこで、すまい給付金制度はこのような住宅ローン減税では負担軽減効果の

低い収入層にたいして住宅ローン減税とあわせて消費税率引き上げに伴う

負担増に対応するものです。

いずれの制度も初年度には確定申告が必要になりますので、

きちんと手続きを取りましょう。

制度の詳しい内容は 国土交通省の「すまい給付金サイト」をご覧ください。

http://sumai-kyufu.jp/

PAGE TOP